Pコート特集

特集2

元々軍服として着用されていたPコート。今では幅広い年齢層に愛用され、ファッションアイテムの定番となっています。
今回はマリンブランド「SINA COVA」(シナコバ)のPコートについて解説いたします。

haneda6.fw

Pコートのはじまり

Pコートは、元々19世紀末にイギリス海軍の艦上用の軍服だったものが、その機能性から漁師などにも広がり、現在ではファッションアイテムとして定着したものと言われています。マリンスタイルであるSINA COVAでも欠かせないアイテムとして取り入れています。

企画するにあたって

SINA COVA では、その時々で形を変えながら毎年作成していますが、いくつか外せないポイントがあります。
まず一般的な特徴として、右合わせでも、左合わせもボタンを留められるようになっていますが、これは船上での強風対策です。またボタンが左右両方についているため、片方が破損しても、もう片方のボタンで留めることができます。防寒のために、襟は幅広にして必要な時に立てられるようになっています。また、手を温めることに主眼を置いたポケットを付けています。SINA COVA ではさらに、機能面とデザイン面でよりマリンらしい特徴を出せるようにさまざまな工夫をしています。

img1

img2

今季 (2017SS) のこだわり

色は紺白の2色展開です。生地は綿100%ですが、綿素材のやわらかさを活かしつつ、特殊加工による撥水性、吸湿性、速乾性を併せ持つ素材を使用していますので、適度にストレッチが効いて着心地良く仕上がっています。また春ものですから、防寒しつつも、蒸れを防止するために脇にベンチレーションを施し通気性が良くなるようにしました。ボタンはSINA COVAオリジナルのメタルボタンを使用し、襟裏や袖口にラインを施し、マリンを強調したデザインに仕上げております。さらに暗い夜道を歩いていても、きらりと光る発行素材を一部アクセントに使用しています。

img2

着こなしのご提案

PコートはセーターやTシャツなどとよく合います。柄は、無地はもちろんボーダー柄をオススメします。紺色のPコートには紺×白のボーダーセーターに、白のパンツを合わせるのが一番!また差し色で、赤や黄色のバンダナなどの小物をつけることで、さりげないアクセントになりお洒落です。街中で着ていただけると、さりげなくマリンを主張することができます。しかし、やはり海辺や、船上や、港町がもっとも似合うシーンです。ぜひお召しになってお出かけ下さい。

現在、各直営店店頭にて取り扱っております。

SINA COVA 羽田空港店
SINA COVA 東急赤坂プラス店
SINA COVA 横浜元町店
SINA COVA 西梅田店
SINA COVA ホテル日航大阪店
SINA COVA なんばウォーク店
SINA COVA グランドプリンスホテル広島店
SINA COVA 松山全日空ホテル店

※カラー、サイズによっては店頭に在庫が無い場合もございます。
※商品は点数が限られておりますので、売り切れの場合はご容赦ください。

最後までご覧いただきありがとうございます。
SINA COVAのPコートが、皆さまの素敵な思い出に寄り添えますように…。

p-ko-to