片畦topics.fw

片畦(かたあぜ)シリーズのご紹介

2017.10.13

生産性のかわりに風合いを追求しました。
季節の変わり目におすすめしたい、SINA COVAの「片畦(かたあぜ)」プルオーバーとベストをご紹介いたします。

Arrow
Arrow
Slider

barabara.fw

季節の変わり目に

伸縮性があって丈夫。しっかりとした厚みがありながらやわらかく、さらっとした着心地。そんなSINACOVAの「片畦」プルオーバーは、今では定番商品となり、長く愛され続けています。季節の変わり目の今だからこそ、「セーターを着るには少し早いかな?」「秋って何を着ればいいんだろう?」とお悩みの方に、ぜひおすすめしたい一着です。日本に数台しかない編み機で作られた、希少な生地の特徴とその秘密についてご紹介いたします。

伸縮性と柔らかさ

その秘密は、片畦生地の特性にあります。編地を円筒型に編み上げる「フライス編」で出来ているので、伸縮性に冨みながら柔らかく仕上がります。フライス編はその特徴から、通常、Tシャツや肌着などに用いられることが多い編地です。そのためさらっとした着心地になります。また、片畦生地は裏表で編み目が異なり、通常の畦編にひと手加えて編むので、丈夫で安定感があり身体へのフィット感があります。
さらにSINACOVAの片畦生地は、束ねて太くした糸を8G(ゲージ)のざっくりとした編み機で編むため、しっかりとした厚みがありながら柔かい、セーターのような味わいを楽しむことができます。

barabara.fw

img2

希少な生地

片畦の産地・和歌山県にて、日本で数台、世界的に見ても無いに等しい貴重な編み機で編まれるのが、SINACOVAの片畦生地です。編み模様の美しさとその機能性から、以前は片畦素材の製品が多く流通していました。1日にできる生地が最大で2~3反という、その生産性の低さから最近では希少なものになっています。しかし、「糸を引っ張ることなく、ストレスをかけずに編むことができる」のは昔ながらの編み機ならではのこと。そうすることで、伸縮性や肌触りに違いが出てきます。生産性のかわりに風合いを追求し、昔ながらの編み機と、それを扱うことのできる熟練した職人の手で編まれた特別な生地にこだわって、ひとつひとつ丁寧にお作りしています。

お気に入りの一着を

季節の変わり目に、1枚あると便利なSINACOVAの片畦プルオーバー。「お気に入りの一着」になれるよう、カラーバリエーションを豊富にそろえました。秋だけでなく春にもおすすめです。カットソーでありながら、セーターのような味わいがあり伸縮性があるので、やわらかな着心地が続きます。
今季は新しく、ベストが仲間入りしました。ぜひ着心地の良さにこだわったSINACOVAの片畦プルオーバー、片畦ベストで、秋のコーディネートをお楽しみください。

img2

現在、各直営店店頭にて取り扱っております。

SINA COVA 東急赤坂プラス店
SINA COVA 横浜元町店
SINA COVA 西梅田店
SINA COVA ホテル日航大阪店
SINA COVA なんばウォーク店
SINA COVA グランドプリンスホテル広島店
SINA COVA 松山全日空ホテル店

※カラー、サイズによっては店頭に在庫が無い場合もございます。
※商品は点数が限られておりますので、売り切れの場合はご容赦ください。