History of SINA COVA

1976

ブランド創設者はコバ・アドリア―ナ=スザンナ(1950年~)。
スキー・ヨットなどあらゆるスポーツをこなし、札幌オリンピック(1972年)にも
スキー選手として出場した経験をもつ彼女は、イタリア北部のベルガノ地方クルノで
1976年、26歳の若さで会社を設立する。

1979 彼女はそのキャリアをもとに、スポーツの機能性と、洗練されたイタリアらしい
ファッション性を兼ね備えた、マリンスポーツウェアとスキーウェアを開発。
設立当初から、海のラインのヨッティングウェアと山のラインのスキーウェアで
イタリア国内での地位を確立。
h3 h4
伊部株式会社が SINA COVA をインポートし始める。
1980 イタリア国内で事業展開を進める中、1980年にヨッティングウェア事業で
伊部株式会社と業務提携し、日本で本格的な事業展開を始める。
h3
右:コバ・アドリア―ナ=スザンナ

1985 SINA COVA 製品生産のライセンス契約を結ぶ。
以後、イタリアのセンスと日本のモノづくり技術を組み合わせて、徐々に顧客の幅を広げる。
h3 h4
1990 神戸元町に直営1号店としてシナコバショップをオープン。
1994 「SINA COVA赤坂店」を東京赤坂東急プラザに出店。
「SINA COVA松山店」を松山全日空ホテルに出店。
2001 「SINA COVA ホテル日航大阪店」をホテル日航大阪に出店。
2002 「SINA COVA 西梅田店」を大阪梅田に出店。
2010 「SINA COVA なんばウォーク店」を大阪市なんばに出店。
2012 「SINA COVA 広島店」をグランドプリンスホテル広島に出店。
2014 「SINA COVA 横浜元町店」を横浜市中区元町に出店。
2015 「SINA COVA 羽田空港店」を羽田空港第1旅客ターミナル4F
大丸羽田空港店内に出店。